« 鮫肌男と桃尻女 | Main | 真夜中のカーボーイ »

11/23/2004

ファントム・オブ・パラダイス

ファントム・オブ・パラダイス 監督ブライアン・デ・パルマ 1975

ビルド社長に一気に7本もの映画をお借りてしまって二週間でみてね、といわれたのだった…もうすぐで二週間くらい経っているかも。。。

自作の曲を盗作された青年ウィンスロー・リーチがさらに冤罪を着せられ声と顔を失いつつも曲への執念から、盗んだ当人であるプロデューサー、スワンの手中でもがきつつ曲を完成させ、そして復讐も…というロックミュージカル。オペラ座の怪人、ファウストなんかがモチーフになっているそうな。

仮面の怪人になってしまってなお、自分の曲を完成させるために作りつづけ、復讐に走るウィンスローが痛々しくて、なんて物悲しいんだろう…裏切られ絶望に悲しむウィンスローの叫びには相応の迫力があったように思った。そのビジュアルも背が高いのだけど細くてなんとも不安定な感じがした(漫画「ベルセルク」のグリフィスのモチーフにもなっているのでは、とどこがで読んだ)

最近こういう映画を見てきていなかったので相当、面食らった、見た後の気分は重たく…しかしテンポと音楽が良かったので、一気にみてしまった。スワンがルパン三世の映画のマモーの元ネタなんだろうか。
映画を見た後はその作品について、検索してみるのだけど、スワン役のポール・ウィリアムスは「トランザム7000」に出ていたのにビックリ!…トランザム7000は(というかバート・レイノルズ、デスよ)小学生のころちょっとしたブームで、トランザム7000がみたくなったデス。さらにブギーナイツにバート・レイノルズが出ていて感動したのも思い出した、記憶っていうのは芋ヅル式に掘り返されるものなのです。

あとクイーンのミュージッククリップも見たくなった…これはきっと音楽のシーンなんかで喚起されたものなんだろうね。ミュージカルは好き。

|

« 鮫肌男と桃尻女 | Main | 真夜中のカーボーイ »

メモ」カテゴリの記事

Comments

私はヒッチコックの作品が大好きなのです。
とっても優雅なんだけど、とっても怖い。
有り得ない上級社会が背景なのに、
有り得る巻き込まれ型が常に。

今の日本映画も面白いけど、
やっぱ映画は家族で週末を楽しみにして、
そんで着込んで足を運ぶイベントとして、
そこで映画しか味わえない豪華な世界を堪能。
これが私の映画に対する基本な楽しみ方です。

ヒッチコックは、それをしてたなぁ、
と今もって痛感。
しかも、ヒッチコックって、
それに影響されて作られた作品がいっぱいあって、
みんなみんな面白い(と思うの)。

デパルマも、もちろんですが、
こないだTVでやってたパニックルームなんて、
もろでしたよ。
TVでは見逃したけど、是非劇場で見直したい、
と思うくらい、ひさびさな面白い映画でした。

ま、対した作品じゃないところが、
「なんじゃそれ」なんですけど。

Posted by: ちょうなん | 11/25/2004 00:04

ご無沙汰してます。

僕はヒッチコック作品は好きかどうかちょっとわかんない位しか接したことがなくて(「鳥」とあともうひとつくらいしかみてない)
このファントム・オブ・パラダイスについて調べると、どうもヒッチコックに対するオマージュで溢れている…というか ブライアン・デ・パルマっていう監督がヒッチコックのことを尊敬しているってことらしくて、どこがどうなんだっていうことは、僕にはわかんないので、きっとヒッチコックの映画をみたときに、みたことあるような…とか感じたことある感覚だなあ、とか思うのだろうな、と楽しみが増えた感じです。
多分、僕がファントム・オブ・パラダイスのスワンをみて、なんかみた事あるなーと思ってたら(ルパンのマモーは一見してわかるけどなんかちがう…と思った)トランザム7000に出てたやつか!っていうかんじで。しかしトランザム7000の何の役で出てたのかさっぱり。というかトランザム7000の内容がさっぱり。バート・レイノルズは男前!っていうことしか…

パニック・ルームは今度見ますねーヒッチコックのあとがいいのかしら…

Posted by: エンドウジ | 11/26/2004 01:11

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ファントム・オブ・パラダイス:

« 鮫肌男と桃尻女 | Main | 真夜中のカーボーイ »