« SHADE | Main | カッコーの巣の上で »

12/17/2004

fiveman anarmy selectionJACKIE MITTOO

image_063fiveman anarmy selectionJACKIE MITTOO

ジャッキー・ミトゥーというスカ、ロックスタディ、レゲエのカリスマキーボーディストの作品集が日本の広島を拠点に活動するファイブマンアーミーによってコンパイルされているのがでていたので買いました。どの曲も良いのでCD屋にいったらジャッキー、ジャッキーとつぶやきながら、時折、酔拳風の動きをジャッキーつながりで入れつつ探し、見つけたら笑拳、そして蛇拳の手つきでレジに突き出すと効果的!(店員の目をつぶすとそのまま逃げれるかも!メガネには気をつけて)
皆やるといいさ。

しかしジャッキー・ミトゥーは本当に素晴らしい…ボブ・マーリィの曲をカバーした「Waiting For Love」なんかはジャッキー・ミトゥーが演奏するとこうなっちゃうのかーとその違いにビックリ、プカプカ川に流されているような気分。

オルガンやピアノを歌っているよう(カンタービレ!)に弾く軌跡が音源として残っているっていうことが僕にはうれしくて、本当は絶対にライブのほうが良いに決まっているけど、ジャッキー・ミトゥーは1990年の12月16日、カナダで亡くなった。晩年は不遇だったそうだけど、素晴らしい音楽は残されているのです。

仕事をしているとき音楽を聴きながらやるより音楽を聴かないほうが集中するときは集中するんだけど、いい音楽が鳴っていると気分が高揚してきて仕事をしていない帰り道なんかでも、なんだか前向きになる。

しかし興味深いのはファイブマンアーミーというのが広島で活動しているということくらいしかわかんないことで、これはちょっとおいかけてみようかしらん、とか思った。次はマッドプロフェッサーかな

でも今本当に聴くべきなのは重い鉄球のような重量感のある音楽かも…アンダーグラウンドレジスタンス?

|

« SHADE | Main | カッコーの巣の上で »

メモ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference fiveman anarmy selectionJACKIE MITTOO:

« SHADE | Main | カッコーの巣の上で »