« スペクター試写 | Main | トップをねらえ2 二巻、三巻 »

07/09/2005

取手

実家に帰ってぼんやりとしてきた。平日なのに雨とか曇りとかばかりで、心地のよい日がない。あってもむしむししていてどうも落ち着かない。使ってない弟のDVカメラが実家にあると言うのでそれを借りて遊ぼうと思って、触って適当に撮ったりとかしてみたんだけれど、目的とか意図がないと相当の分量を撮らないとつなげて見れないだろうなあ、という感じだった…けど本当のところ実際どうなんだろう。。。

image_157

その帰り、取手の中島君のところへ用事でお宅を訪問。写真は平日の成田線、木下駅。高校生はテストの話をしていた。

image_158

木下駅にある、日本デキシー。一月だけ深夜のバイトで行った事があってそれを思い出した。
そのとき僕は一日に天文学的な数の紙コップを量産していました、すごいでかい機械がとにかく尋常じゃない紙コップを吐き出して(すごいうるさいので耳栓をしないと難聴になる)それを重ねる、そんなオートマチックシステムってすごいけど人間の力もまだ必要だったのだ。その一月で僕は気が狂いそうになった。

image_156

中島君のお宅で、同人誌をいただく。突然の訪問なのにご馳走になったりしました。
これは利根川の河川敷。遠くの稲妻が見えてキレイ。
のんびりしてきた。

そのとき中島君と僕はまったく無視をしていたんだけど、4WDにのった中高年の男の人が川の辺りにいたんだけどどうも下半身裸のようだった…水辺にいるときも車に乗るときも(つまり人が近くに来ても履いたりとかしない)奥さんみたいな人もいたけど、あれはいったい何なんだったんだろうか…羽衣伝説かなあ。新しい漁かもしれない。ふるちんにしていると魚が飛び跳ねるというアレだ。魚が見に来るらしい。(もちろん嘘です)うっかり、だよな、うっかり。よくあるよ、うっかり。

平日の散歩は普通じゃない人オンパレードです、毎日ブラブラしていると本当に変な人が多くて救われた気分になるんだけど、きっと向こうから見たら僕もその中に入っているのかもしれないなあーとか思うのだった。
けど…僕の住んでいる板橋、練馬近辺は変な事件が多発しているのを思い出した、やべー。

|

« スペクター試写 | Main | トップをねらえ2 二巻、三巻 »

日記」カテゴリの記事

Comments

無視とかじゃなくて、全然気付かんかったよ。
どうしてすぐに教えてくれなかったんだ!…と書こうとしたけど、よく考えたらフルチン男なんて見なくて幸いだった。
でもぼくが見てないということは、男の姿はきみの無意識下の願望が見せた幻影かもしれなかった訳で、きみは男の実在の証明のためにもせっかく持参したDVカメラで撮影しておくべきだったと思う。いや、ぼくは見たくないけど。

うっかりお借りした「物語の作り方 ガルシア=マルケスのシナリオ教室」はすごく面白い本だったよ。
独りで作品を創ることとは違う、共同作業の現場の興奮と醍醐味が文中の対話から伝わってきました。物語のネタを、異なる意見の持ち主の群れの中に曝し、みんなでいじくり回して練り上げていくのはすごくタメになりそうです。マルケス氏はワークショップの主宰者だというのに、食い違う意見をあまりまとめようとはせず、積極的に自分の意見を投じてネタを掻き回すという役回りを面白がっており、なのに彼を取りまく紛糾の場の中からちゃんと物語が立ち上がり、次第に作品としての姿を整えてゆく様子が読んでいて楽しい。
物語の生起する力を信じ、そちら側に身をおいている人なんだなあと見て取れました。それに加えて、物語るための確かな技術を持ち、本気で行使しているのが頼もしい。
いろんな点でこの人たちを見倣いたいと思います。

Posted by: よういち | 07/11/2005 at 23:30

川というのは利根川ですか?
この間、利根川でブラックバスか何かが大量に飛び跳ねてるってニュースを見ました。映像も見ましたがかなりの魚が飛びまくってましたよ?
利根川じゃなかったらスイマセン…

Posted by: まつもとのりこ | 07/11/2005 at 23:44

---ナカジマ君
気づいてなかったのか…川原で川に最も近くて道もないところに4WDが一台だけ停車してたので変だな…って思ったんだけど、僕はあの辺りに住んでいないから何が異常で何が普通なのかわかんないから、気になったのかもしれない。おじさんも帽子とTシャツは着ていたし、そぶりも普通だったので、その下に何も履いてないっていうことだけがちょっと変だな、っていう。

本は面白かったのね、それは良き哉。
僕も途中まで読んでダイナミックな展開で構築されていくのが面白いなあ…って思っていたのです。たった一つのイメージを膨らます過程のところだったんだけどそうやって物語が生まれるんだなあ、と思った。
今度会うときに忘れないで持ってきてね。

---マツモトさん
利根川ですよ、僕の訪れたのは。その言っている魚って言うのがハクレンっていうやつらしくて、取手辺りでもみることができるらしんですけど、やっぱりフルチンが結構、重要な要素(見に来るらしい)みたいです。

どうも魚にとってフルチンは意味があるみたい。餌とかと関係しているんじゃないかしら。
世界中の男がフルチンになったとき水の中の魚がいっせいに飛び跳ねて、各地で大災害を起こして困るので人間はパンツをはくようになった、という創世神話があるくらい(うそですけど)

しかし本当は大きな音で飛び跳ねるらしくって電車の鉄橋とかの下でよく見れるみたいですよ、僕も映像見たんですけど実際見てみたいな、と思った。

Posted by: エンドウジ | 07/12/2005 at 09:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10525/4893166

Listed below are links to weblogs that reference 取手:

« スペクター試写 | Main | トップをねらえ2 二巻、三巻 »