« | Main | 武富士のコールアンドレスポンスがすごい »

04/30/2006

インファナル・アフェア 無間道

ライさんが「おもしろいヨー」といってオススメしてくれた

インファナル・アフェア 無間道 監督 アンドリュー・ラウ アラン・マック 2002香港

を見た。「2は良くないけど、1はイイ」とライさん。香港の人が言うんだから間違いないに決まってる。

警察からマフィアへ潜入したヤン(トニー・レオン)、マフィアから警察へスパイとしてもぐり込み出世していくラウ(アンディ・ラウ)、二人のスパイが黒社会のボス、サム自ら出向く大きな取引を機に、警察、マフィア双方ともに内通者の存在が浮上し…というような潜入捜査スパイモノの二乗。

練られている脚本と全編に渡る緊張感(俳優の演技や存在感が際立つ)ハラハラするのが面白くって、素敵。
クンフーとかアクションとかない、でもそんなの関係ない。
屋上が印象的だなあと思った、夜とジメジメした暗い室内ばかりな気がして、空がズバッと抜けているのは気持ちいい、きっと香港で空を大きく見たいとき、屋上に行くのが手っ取り早くて皆そうしているんだろうな、と思うくらい。他の香港が舞台の映画も屋上が印象的だったなあ、と思い返して、これは香港映画の手法なのかもしれない。。。

親切なクムジャさん」と「シカゴ」も見た。どちらも面白かった、けどシカゴはスクリーンで見たときの迫力を追体験したいと思っていただけにDVD視聴はちょっと迫力に欠けるなあと思ってしまったのだった(充分おもしろかったけど)クムジャさんは見たほうがいいと思う。

もうちょっとちゃんと映画とか本とかの感想が書きたい。こういう訓練はやはり念じながら書くしかないのだろう、その前に作品をちゃんと見なきゃダメなんだろうけど、メンタルな面を重視していきたい。

-----

13日に医者にかかってから薬を飲んでも治る気配がないので、かねてよりの懸念であった西洋医学への懐疑から、東洋医学でなければ解決できないのではないか…そこでワタクシが辿り着いたたった一つ出来る術、それはお参りでした(*)

(*)御参りは東洋医学ですらないことまでは思い至らなかった。

というか、薬で治るんだから、お参りでも治るだろう、という根拠のない思い込みから、一度鎮まった18日、チャンスとばかり、近所の神社へお参りに。この際だから、新井薬師へ。そしてせっかくだからと、高尾山まで足を伸ばした。高尾山は標高が1000メートル近くある、だからちょっと肌寒いけど、そこには天狗様が祭られているのです、そしてついでに山頂まで行った、平日なので人も少なく気持ちよかったし、やり切った感もあり大満足、御参りはちゃんとしたし、お賽銭も払った、これで治らなかったら嘘だ!と意気揚々に帰宅。
高尾山の夜にはムササビも見られるらしいよ!…と高尾山ちょっとイイ話をはさみつつ。

そしてその後、てんで治る気配なく…体力の残っている内に実家に帰り、療養をするのが最善ということに相成り申した。多分お参りする区分が違かったんだと思う。
近所の神社はお稲荷さんだったし、新井薬師は仏様だし、高尾山は真言宗…キリストが足りなかったのかもしれない。ちゃんとこの辺を整えればうまくいくはず。次の課題としたい…

大体僕は、誰かが突っ込まないとずっとボケ続けるんだから、皆がちゃんと注意してくんなきゃダメなの!ちゃんと注意してくれ!(逆切れ)…かといって早く突っ込まれてもボケのよさが活きないので、出来たら豆腐を扱うように優しく、それでいて的確に。ナイーブなもんで。(どのくらいナイーブでデリケートなのかはリンク先参照のこと)

だんだん良くなってきました、ご心配をおかけします、バカでスイマセン。正直、自分の体力には自信がない。早く元気になりたいモンです、はー。結局自分の体力に賭け、睡眠に勝るものはない、という…
フィッシュマンズの佐藤伸治は風邪をこじらせて死んだし、現代医学はまだ風邪の原因とかシステムを解明してないんだよ!あいつらはそれでいて知ったかぶる(まだ疑ってる)
現代医学を信じることと、お参りに行くことはやっぱり同列なんじゃないのか。

しかし一ヶ月近くニートなのですが、その3分の2は風邪をこじらせ、伏せっているという現状は、はなはだ納得がいかない。これじゃニートじゃなくて病人じゃないか!まったく。
…もしやあれか、この病気はニートという高度情報化社会が産み落とした歪んだ現代の病なのかもしれない。浮き彫りになる現代の病巣にすらメスを入れてしまうインテリぶりを隠せず披露してしまう自分が憎い(*)
少子高齢化社会に向けた魂の警鐘と受け止め、締めとしたい。

(*)根幹からずれてる。

|

« | Main | 武富士のコールアンドレスポンスがすごい »

メモ」カテゴリの記事

Comments

>「2は良くないけど、1はイイ」

3はトホホです・・・
Boxセット持ってますが
1だけでヨカタ。

Posted by: ミネタク | 04/30/2006 13:59

無事で良かったですが傷にトリカブト塗りこむような暴走行為は控えてください。
マヂ氏にますって。

Posted by: ぐろうす | 04/30/2006 23:47

寝込んじゃうほど痒いのか…気の毒に。

Posted by: よういち | 05/01/2006 00:25

男ならデリケアなんてヤワなものじゃ駄目です。
キンカンいっときましょう。

「池田湖畔堂」かとずっと思ってたのに、「池田模範堂」なんですね。
自意識の高そうな名前だなぁ・・。

Posted by: | 05/01/2006 10:39

ミネタクさま。

3はトホホ…なんですか。1がイイ感じすぎて、他が良くなく見えちゃうヤツかしら。でも続き物みたいなので、気になっちゃいます、あらすじだけ見てると面白そうだから。

ぐろうすさま。

心配をおかけして申し訳ありませんです、僕は風邪の治り際が肝心と云うのをいつも先走って忘れてしまうので、そこでこじらせてしまいます、気をつけます…ツメが甘いのです。ツメが甘いといってもあま爪とか、爪を噛んだら甘かった、とかそういうことではないです、糖尿病の人はきっと爪甘いはずです。念のため。

よういちさま。

かゆすぎて寝込むということではなかったんですが、人間も動物ゆえ痒いんだから掻いてしまうわけです、その時爪に悪い菌でもついていたらやはり宜しくない。
人間とはこんなにもデリケートなんです。
どのくらいデリケートかというと
http://www.ikedamohando.co.jp/products/dericare/dericarems.html
このくらい。

ななしさま。

デリケアにメンズがあるというのはショッキングでした、これが21世紀なのでしょうか、確かにヤワです。
蚊に刺された時キンカンを塗ったことはあります、股間に。
しかし模範堂なのに、股間なのです、云いえて妙です、股間とは一体どこのコトなのか…これは絶対に将来への禍根となる、と僕は憂いています、俺の股間は、こことここも…だが、貴社の股間はそうではない、という…なのに塗っちゃった!どうすんの!というような裁判が起きるはずです、アメリカではもう起きててもおかしくない、21世紀ですねえ…

Posted by: エンドウジ | 05/01/2006 12:33

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インファナル・アフェア 無間道:

« | Main | 武富士のコールアンドレスポンスがすごい »