« | Main | おぴっぴ »

05/30/2006

三ヶ日に行ってきた。

譲ってもらった車を返却するため千葉の佐倉から、弟たちが運転してくれて向かったのは、伯母従兄弟が住んでいる静岡県、三ヶ日町(現浜松市)。
そこで滞在させてもらってきました。浜名湖に面しているので、うなぎとみかんが名産です。

Image_212

三ケ日高山の山頂展望台から臨む、浜名湖と三ケ日市街。
曇っている日ばかりなのが残念だった。

Image_213

このうなぎは本当においしかった…ふっくらしてて。
どうしてこんなに美味いんだろう、うなぎに生まれたら、おいしいうなぎになりたい。
清水屋という老舗での、早昼だったので、するする入れたけど、10分遅かったら行列が出来てた、浜名湖でうなぎが食いたいと思ったら是非。

Image_220

みかん畑にも行って来た。手前も奥の小さいのもみかん畑。たまに茶畑。

Image_217

そして、みかん畑の手伝いもしてきた。急勾配でタイヘン。しかし急勾配であればあるほどみかんは甘くなる、そういうことだから仕方ない。今度みかんを食べた時おいしく甘いみかんが当たったら、それは急勾配で育ったみかんに間違いない。
あとワラビもとった。日当たりがいいから育ちも良い。

Image_214

剪定したみかんの木。切って見えた木肌にカビが生えている。そのままにしておくとみかんの木が病気になってしまったり枯れてしまうので…

Image_215

木肌をバーナーで焼く。まだ色々と良いみかんを作るにはどうすればいいののかと、焼いたり、薬をつけたりと、色々やってみて美味いみかんを作る実験と従兄弟のテツゾウさんは言ってた。この人はDIY(do it yourself)のチャレンジャーで色々とやっていて、今回はとりあえず剪定したみかんの木を炭にしてみる、そう。

Image_216

コレがバーナー。当日は風が吹く時もあって危うく引火しちゃいそうな時もしばしば。
普段なれない作業だったけど、スゴイ面白かった。

Image_219

みかんの花。もう落ちていて、ちっちゃな緑の実がなっていたりも。みかん畑の周りは、この花の良いカオリが漂っている。

Image_218

二回目の高山展望台から。静岡市のほうに住んでいる叔父夫妻もきて、母や伯母、従兄弟と株やらなんやら談義。

ようやく、休みに入って静かで、ゆっくりしていて気を揉めることもない  休養  という雰囲気を味わえ、それはそれは良い気分ございました。色々と面白かったけど、もうゆったりリラックスした気分を与えてくれるような雰囲気が一番印象的だった。帰りは新幹線。

ダラダラ日記です、今は気分も、このゆったりのまま。
本当は最初の一ヶ月でこういうことをやるはずだったんだなー

|

« | Main | おぴっぴ »

日記」カテゴリの記事

Comments

僕の父親の実家は清水屋から徒歩1~2分の元気賀関所跡にあるトコ屋さんです。奇遇だね。

Posted by: アニマ石川 | 05/31/2006 03:31

ご無沙汰してます!

清水屋はやっぱり有名なトコなんでしょうねえ、スゴイ混んでて店の外で談話とかしてたりしてたし。。。静岡のああいうところはのんびりしてていいなあ、と。
しかしトコヤさん、なんですね…代々、なのかしら。。静岡に行ったら清水屋、イシカワさんトコの床屋がデフォルトコースかなあ、とぼんやり思ったデス。

Posted by: エンドウジ | 05/31/2006 16:23

床屋は多分4代目くらいで、元々は関所内に店を構える鍛冶屋でした。関所跡地を目指せばすぐ分かります。ちなみにトコ屋さんはイシカワでなく「ナグラ」です。

Posted by: アニマ石川 | 06/01/2006 03:56

あのあたりって関所なんですね、たぶん四代目くらい…って結構すごいことなんじゃないのかなあと思ったです。本当にただウナギ目当てだったもんで、周囲には全然でした。

ナグラ、トコヤ、ですね、今度また行く機会があったら、探してみます~

Posted by: エンドウジ | 06/01/2006 23:35

The comments to this entry are closed.

« | Main | おぴっぴ »