« うわーん | Main | 筑波山 »

06/27/2006

古都、世界遺産を巡る。

時間があるうち、有効に使うのがよい。ちょっとした行動力と瞬発力、創造力だけで、財布は心もとないけれど、それでも何とかなるだろう、学生時代から関西方面にほとんど縁なく、何も知らないけれど、その辺りは大阪に行ってから考えよう…と深夜バスに予約を入れ、その日の深夜にはバスの中、早朝に大阪着。

Image_254

「うめだ」というところに降り立つ。深夜バスは安いけど乗ると体力的に消耗するので帰りはちょっと止めたいな、と思いつつ…とにかく電車に乗って、地勢を確認するけど、なんやらわからない。適当に降りた駅で通天閣を見つけて、大阪だ!と思った。手前に寝てる人がいる串かつ店が並ぶ飲み屋街。

Image_255

路線図で見ると奈良も案外近いようなので、足を踏み入れたこともない奈良に行ってみた。コレは平城京跡。何もないだだっ広いところが世界遺産だなんて…と思って奈良の世界遺産でも回ってみるのはよかろう。目的が出来ると早い。

Image_256

春日大社。藤原家の氏神だとか。あらまあ。

Image_260

ちょうど儀式をやっていて読経と雅楽と舞を見ることが出来た。不思議な音と読経のユニゾンが境内に響き渡る。
これぞジャパニーズヒップホップのオールドスクールです。そろそろ皆気づこう。
平日なのにちゃんとやってるなんてエライなあ、なんて思った。
ディズニーランドとなにが違うんだろうとすら思ったくらい。ディズニーランドだってあと100年も続いたらこういう風になるのかも知れない、なんて思った。とても静謐です。

Image_264

鹿注意。

Image_257

鹿だ!やべー。

(注意して)え…鹿さん?さん付け?先輩?鹿先輩、大丈夫ッスか?(もう一度写真を見てみよう!)

Image_258

東大寺大仏殿。スゴイでかい。すごいっていうか超でかい。
世界最大の木造建築だそうです、奈良時代に作られたヤツはこの1,5倍あったそう(現在のヤツは江戸時代に立て替えられたモノ)

コレは本当にすごかった…絶句。世界遺産てだけあるわ。

Image_259

人間との比率を見てください、何でこんなにでかいんだ、って言うくらいでかい。
どうしてでかいかというと、東武ワールドスクエアと同じ錯覚によるものです。あと皆知らないと思うから、ここでいうけど本城直季も全部の写真を東武ワールドスクエアかトリックアートで撮ってるらしいです。(そんな話を山手線で女子高生がしゃべってた。で、この前、本城直季似の人が東武線に乗ってたので、こりゃたぶん間違いない!、と。)

Image_261

大仏様。後光だか曼荼羅?の中で座禅を組んでいる大仏様だって結構大きいんです…どうなってるんだ。
実はこれも錯覚を利用したもので、手前の大仏と奥の大仏、同じ大きさなんですよ、実は。
縦ジマと横ジマで太ってるよ?みたいなヤツとおんなじ理屈らしい。あ、視力は1.0以上はあります。
あ、ちょっぴりバカなのがチャームポイントです。

Image_262

広目天。力強く、迫力がある。スゴイカッコイイ。結構侮っていたけど、東大寺の彫刻はスゴイのが多かった。
金剛力士像なんてもすごいし。ビビルです。

Image_263

多聞天。足元には踏まれている邪鬼がいる。アホみたいにカッコイイ。
ガンツって言う漫画で仏像と戦ったりするところがあるんだけど、アレは本当に怖いなあ、なんて思いました。
夜は来たくない。

Image_265

興福寺の五重塔。奈良のこの辺りは歩いて回ります。そして歩き回ってばかりで実は疲れていた。結果、投げやりな写真ばかりで僕はうろたえています。

Image_266

元興寺。本堂の屋根の瓦が自慢です!(世界遺産です)

Image_267

資料室にて。小さな仏像がたくさん。説明は読んでないけど、結構たくさん置かれてて、感心しました。
アニメの由来を絵巻物にたとえるのなら、フィギュアとかはこういった彫像がルーツなのかも知れんねえなんて思った。

Image_268

薬師寺。もういうことはなにもない。
すごいんだよ、すごいんだけどね…飽き飽きしてくるね。

Image_269

薬師寺、東塔。全然知らなかったけど、調べてみたらこれは建設当時から1300年の歴史がある唯一の建物。
まいったね。
薬師寺の本尊もまた優美でよかった。

唐招提寺にも行ったんだけど、ほぼ工事中でした。

Image_270

道頓堀、ギラギラできらびや。全部が主張しているのが集まっていてぐちゃぐちゃしているけど、妙な統一感があるのが印象的です。
千日前辺りのカプセルホテルをベースに各地へ。ちょうどワールドカップ日本対ブラジル戦も控えていたので、僕は日本が勝つとおそらくどっかでダイブをするんじゃないか、いや勝ち負けなんか関係なくダイブじゃないのかと思ってワクワクしていました。

Image_271

お好み焼きとたこ焼き、が大阪だろうというヒンソな知識しか持ち合わせていない、おいしかったけども。

Image_272

銀閣寺。京都の世界遺産も回ろう、と思ったんだけど、大雨。一番ひどくてカメラは曇るしタイヘン。

Image_273

金閣寺。
京都はバスで回るんだけど、僕みたいにバスがきた!、わー、と乗ってしまうと路線とかを間違えてタイヘンです。結局この二つしか見れず、ほとんどバスに乗ってた。でもバスに乗って人の話を聞きながら市内を回るのはそれはそれで、東京にはない風情もあって、あーあ、とはならず。雨も降ってたし。

Image_274

明石海峡大橋。奥が霧で見えなかったりすると僕があせる。
須磨海岸の辺りを電車で通ったんだけど、電車から海を眺めている時の気分の爽快感は素晴らしい。晴れてたら。。。

Image_275

神戸メリケンパーク。
神戸にも行ってきたけど滞在時間も短く、なんだかよくわかんなかった。大阪、京都、神戸、って言われるくらいだからきっと何かがあるはずなんだが。。。神戸牛は高くて無理。死体のクセに生意気!…しかし価値のある死体って言うのは本当にすごいな、と今考えを改めました。僕が死んだら100グラム1000円とかで切り売りして欲しいです、結構肝臓とかキレイです(アピール)

Image_276

雨の道頓堀付近。

僕の勉強不足が祟って、出来なかったことが多かったのは残念。梅雨の時期のウィークデーだったら人も少なかろう、と思っていたけど修学旅行の学生等、人はそこそこ。それは仕方ないのだけれども、それよりも雨が、気持ちと行動のブレーキになりうるんだな、と思った次第です。天気さえ良かったら、と。
でもやっぱり行為が体に焼き付けられるのならば、体を動かすことはこそが大切なのだ。だった。

でかくて広い奈良の寂びた風情が良い感じで、奈良公園の辺りを一日散策できたら面白かろうにと思ったのと、一つ一つをじっくり、という回り方じゃなかったので、また機会を作って見たいなあ、と思った次第です。
京都は二回目なのだけど、今回もやっぱりダメだった。計画立てないと効率的に回るのは難しい。
大阪はベース基地としてなんだか良い感じでした。
この遊びは週末から日曜にかけて出来るのでちょくちょくやってもいいなあ、なんて思いました。
安いし。都会をベースにするのならば、色んなところにいけるなあ。。。

というか東京の名所だってそんなに見てないじゃないか、と。
それとこういうときはもう間違いなく広角レンズだな、と。

|

« うわーん | Main | 筑波山 »

日記」カテゴリの記事

Comments

エンドウジさん写真上手いですねー
そして行動力ありますねーうんうん

Posted by: 84A2 | 06/27/2006 at 10:49

めっちゃおもしろい!
うそばっかじゃないですか!
京都ならあんないするよ。
ことしお互い株であたったら
うまいもんツアーやろーよ

Posted by: rlb | 06/27/2006 at 12:21

たのしそうですなぁ。
写真うまいすねー。
東大寺は修学旅行で行くより理解ができてから行ったほうが楽しいすよね。

Posted by: dokon | 06/27/2006 at 13:08

一人旅だったのかよ!

写真もキレイね。そして行動力にも脱帽します。
自分だけかもしれないけど梅田で迷子になったら3年くらい出て来れなさそうだ。
楽しそうだな〜。

Posted by: しょうです | 06/27/2006 at 19:50

84A2さん。

すべて、勢いだけです、相当適当なんです、だから無軌道で目に余る無駄ばかり。ぐちゃぐちゃです。

rlbさん。

京都、いいですね!行きたいです~
本当にでも全然良くわからないままでしたよ。計画立てないと、京都の世界遺産だけ回るにしても一日じゃ難しいですね。

dokonさん。

東大寺は、たぶん学生時代にいったら流しそうですけど、自分の足で行くとスゴイモンばかりでとても驚きました。
なんだコレ!うわ、っていう。遠近感がずれてるのかもと不安になったくらいです。
世界一って言うのはそれだけでもすごいんだなあ、と。

しょう。

正直今回はグアムのフォトジェニックぶりと比べると天気の要素があるとはいえ劣っていたように感じたよ。
梅田とかそういうのはまあなんだろうね…楽天的でいくと何とかなるよー

Posted by: エンドウジセイコウ | 06/28/2006 at 12:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« うわーん | Main | 筑波山 »