« 前回煙が描 | Main | 背景が入っ »

08/17/2006

鎌倉、週末の日記。

「いつ温泉行く?」と、ライさん(仮名)から聞かれたのは先週の火曜日だった。
よく聞くと土曜日に温泉に行きたいから、コーディネーターとしてよろしく指名された、ということなのだった。理由は温泉に詳しいから。(*1)とにかく温泉なのだった、温泉。
Fタニさん(仮名)とライさんがメッセンジャーで偶然なのかなんなのか良くわかんない、オレがお前でお前がオレで的なハプニングを経て意気投合し、温泉に行こう(!)…となったというあらましに、なんだか良くわかんないけど、僕が組み込まれていて、まあそのときにでも…というくらい軽く思ってたのだけど、それが本気で今週だったのだった、パワーだ。そして僕は巻き込まれ型だ。

僕だけでは無理と判断して、バイペットセルで有名なハラダさん(仮名)とナカムラさん(仮名)とアンドウさん(仮名)に手伝ってもらって、二転三転し、当日鎌倉に行くことになった。しかし当日アンドウさん(仮名)は来れなくなってしまった。

(*1)詳しくない。

北鎌倉の駅は風情があって、とてもいい(感動して写真を撮るのも忘れる)天気は曇っていて、ヒグラシの鳴き声が、四方から聞こえる…
駅を出てすぐの円覚寺(鎌倉5山のうち第二位)へ。とても近い。

Image_294

リスだ!というざわめき、リスが交尾してる!スゴイ早い!
…早速コトです、なんかの暗示か、先行きが不安になる私。コヤスさん(仮名)から借りたファイナルディスティネーション、デットコースターを見たばかりで、とにかく色んなところに前兆がないのか、を見回る。

Image_295

円覚寺は結構適当にみた、境内は意外にも広いのです。拝観料は300円也。

Image_297

円覚寺にある茶屋にて。ちょっと上ったところにあって見晴らしが良くテレビで見る日本の夏のよう。これは冷茶。

Image_298

鎌倉五山の第一位、建長寺。円覚寺から建長寺までは歩いて15分ほど、そう遠くない。
これは三門。

Image_316

三門に掲げてある立派な…これはなんというのか。
鎌倉五山の順位の付け方がいまいち良くわかんない。拝観料は300円也。

Image_299

建長寺仏殿。こないだ行った奈良の建物にちょっと風情が似ているなあ、なんて…でも別にお寺とかそういうのがスゴイ好きって言うわけではない、というコトは言及しておきたい(ツンデレ)

Image_300

仏殿中。地蔵菩薩ということでした。普通に古い。

Image_301

古いながらも現在も機能しているみたいでした、奥の名札が真新しい。

Image_302

手前にあるのがパキスタンから来日中の苦行僧の像。痩せてる、痩せてるよ!

Image_303

龍の天井画。立派です。これは結構最近の作、こわい、こわいよ!

Image_304

鬼瓦は一枚一枚ゆっくりみたかったけど、中に入れないようになってる。。。悔しい限り。

Image_305

あれ?

Image_306

あ、これってもしかして…

Image_307

蓮なんじゃないの、つぼみだ!やったー。

Image_308

咲いた!

Image_309

うわーーーーーーー

(完)


Image_310

法堂。ここで座禅を組む、毎週何日かやっているようで一般の参加も出来そうだった。とても広い畳敷き、静かで涼しい。静謐。

Image_311

法堂の奥にある庭園。和む。

Image_312

半僧坊へ。あ、この上のマークどっかでみたことない?

Image_313

これの上にもあのマークが!!もしかして!

Image_314

ずんずん上ります。半僧坊はちょっと上がったところにある。

Image_317

途中にて。「敬神」と刻まれている。コケがいい味出しているところだった。

Image_315

天狗 「やあ」

やっぱり!

(完)


Image_318

建長寺で一番はしゃいでいたのは僕かもしれない…と反省しつつ鎌倉駅方面へ。これは鎌倉ソーセージ実演です。肉を詰めまくってる、内臓に肉をぎゅうぎゅうです!こわい、こわいよ。ミンチとかそういう、何かの暗示では、とおののくひとコマも(うそ)ハラダさん(仮名)って人がメタセコイアの本出したからっていって僕に一口恵んでくれました、美味かった。

Image_319

昼ごはんは玉子焼きおざわにて。玉子焼き御膳1200円也。
高いというなかれ、これだけなのに美味すぎ。
玉子焼が有得ません。

Image_320

最近こういうディスプレイに惹かれて困る。肉屋、死体を切り刻んで、陳列しても罪にならないなんてカトリックの僕からしたらひどい事この上ないアルよ(カトリックって言うのはうそでした、うっかりうっかり)

Image_321

竹林で有名な報国寺。お寺の前で工事をしていてうるさかったけど、竹林(拝観料200円)に入ると竹に音が吸い込まれ、代わりにヒグラシの声が竹林に響くのだった。三十分くらいは無言でうとうと…とても気持ちいい。
竹林を出て、バスを待っている時の覚醒感はすごかった。ヒグラシはいいねえ…

Image_322

報国寺を出てしばらくは雨が降って雷もなってひどかったけど、それ以降は雨も降らず。土曜日の東京はタイヘンだったそうだけど、僕らはそうでもなかった。
バスで鎌倉駅まで向かい江ノ電に乗って江ノ島まで向かう。
江ノ島に向かう橋にて、奥に富士山。

Image_323

夕飯はシラス専門店とびっちょにて。ちょっと並んだけど…

Image_324

シラス丼、安くて美味くて、量がある。しかし昼の卵といいシラスといい若い命を食べまくっている、その理由は…実のところまったく、ない。でも美味いよー、何で美味いんだ!

Image_325

シラスのかきあげ。でかい、これはビジュアル系。

Image_326

カワハギのいきづくり。ペンギンを触ってみたいと思っているのだけどナカナカかなわない。
けど、このカワハギの質感は僕が想像していたペンギンの質感にピッタリでした!やったーーーー(大興奮)

Image_327

帰りはとっぷり暮れていた。帰りの橋で中年のオバサンが壊れた人形を入れたバスケットを持ってフラフラ歩いていて怖かった。

そんな鎌倉。

Image_332

翌日曜日は実家に帰って迎え火。
迎え火は不思議な習慣だなあ、と思った。全国的なものなのかなんなのか、祖先の霊と会う、という話だけだと幻想的だ。
近頃の雲はダイナミックでキレイだ。

Image_328

その日の夕立の後の虹。大きめ。こういうのが幻想的に思わせたのかも。

Image_329

月曜日はちょっと早めに上がってナカジマくん(仮名)のお宅に取手花火大会を見に行った。

Image_330

うひゃー、ナカジマくんの部屋は会場のまん前で、ベランダから見える花火は大きい。

Image_331

どーん。

大病で記憶喪失になり、記憶を取り戻している最中のタカハシくん(仮名)に会ってちょっと話した。一年前はタイヘンだったのに、じょじょに健康になっているのは良かったなあ、と思った。

-----

お盆の時期は本当に向こうとこっちが近いのかもと、結構、本気で思った。

|

« 前回煙が描 | Main | 背景が入っ »

日記」カテゴリの記事

Comments

うぎゃああああ。
超楽しんだんですね鎌倉。
行けなくて無念でした。

二日酔いを我慢してれば栗鼠の交尾見れたのに…

嗚呼コウビ…

Posted by: ぐろうす | 08/17/2006 11:40

よかったよかった。めでたしめでたし。
報国寺はよかったね。
ヒグラシの声を聞きながら刺されて死ぬのもいいなと思った(それくらい満たされてた)

Posted by: d00 | 08/17/2006 12:42

ぐろうすさん。

超楽しみました、鎌倉。本当に残念です、次回どっかに行く時は是非にでも。ライさんも徹夜明け(呑み)だったらしいんだけど、来て楽しんでたんですよ…連絡が不備だったのも良くなかったですね、すいません。

d00さん。

よかったよかった。
鎌倉はなんか僕は結構楽しかったですわ、振り返ってみると。報国寺は特に良かったです、アレはない。もう一度行きたいくらい。
でもやっぱりヒグラシですかね、自分も一体化しちゃってましたよね、ああ。

Posted by: エンドウジ | 08/18/2006 00:25

相変わらずステキな写真いっぱいね。
けど蓮のトコに一つグロ画像があったよ?w

あれ、なんですか・・うにゅーって出てきそうで
おそろしいです・・・

Posted by: 84A2 | 08/21/2006 00:56

本当ならもっとフォトジェニックだったのです、鎌倉。イイとこです。集中力がいかんせんなくて。ナカムラさんにはかなわない。。。

http://blog.ginyu.jp/?eid=539590

ところで、あの写真は今すごく流行っているロハスってヤツです、だからグロ画像なんかじゃない。
あんなところにロハスがあるとは僕も修行不足でした。…というのはうそで、ロハスって、アイウエオ作文だって言う話はご存知ですか?

Posted by: エンドウジ | 08/21/2006 08:48

The comments to this entry are closed.

« 前回煙が描 | Main | 背景が入っ »