« 多摩川 | Main | たいへんだー »

05/13/2008

鳥のビオソフィア

鳥のビオソフィア 山階コレクションへの誘い に行って来ました。

東京大学総合研究博物館にて、入場無料、18日まで。

展示剥製、標本剥製、などとにかく鳥に関する学術的なものを中心に400点あまりが展示されておりました。鳥の近くにはなかなか行けない飛ぶから。標本とはいえ鳥をじっくり見る機会は、今までそんなになかったなあと思いつつ見学。

特に僕は標本剥製が衝撃的で、実際ああなのかわからないんだけど、タンスの引き出しの中に整理され、並べられた標本剥製の鳥たちのインパクトにやられた。グアムのスーパーマーケットで見た無造作に積まれた魚の山と同じような。
演出かもしれないけど、それにしたって、標本剥製はどうやってか所蔵されているわけだからなあ。。。
僕は最近鳥で感激したのは野川に住むカワセミと、明治神宮で見たことないかわいい小鳥を見たときでした。気をつけると意外と鳥は近くにいる。

残念だったのは東大でご飯を食べられなかったことです。日曜だからやってないかと思ってたらやってた。時間が微妙で無理だった。。。それ以外はとても満足で、となると驚異の部屋展も行きたくなってきました。ということは、小石川植物園にもついでにいきたくなる、という。

で、さらに川村美術館でやってるマチスとボナール展村田朋泰展「夢がしゃがんでる」 にも行きたいなあ、とか思ってたけど、両方とももうすぐ終ってしまう、ということなのだった。

そして、なによりも天気です、天気がよければいいんだけど、最近全然よくないのが少し不満です。
-----

あと 山羊発電 をどうぞよろしくお願いします、新作は作ってます。

5月18日 日曜日13:30~14:00 映像ブースで30分の上映です。コレまでの作品を一気に見る機会ですよ。時間がよろしければ是非。皆様のお越しをお待ちしています。
今回はブースでの参加はないです。現場にいけるかどうかはまだわかんない。

|

« 多摩川 | Main | たいへんだー »

日記」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鳥のビオソフィア:

« 多摩川 | Main | たいへんだー »