« 今日のキヌタ公園 | Main | 骨 »

11/21/2008

拡張現実(AR)をしてみた。

拡張現実っていうらしい、PTAMがやりたい。バーチャルリアリティとは多分、対岸に位置するであろう技術なのかなあ、って思って、今年のシーグラフの映像なんかを軽く見てきになっていたんだけど…

けど敷居が高い、僕には。…とここ数日、帰ってからパソコンの前でうなっている。あまりにPTAMをやりたいがばかりに、なぜかあせる日々。気分がそがれ、まずお手軽(そうな)ARtoolkitなんじゃないのか!(こちらを参考にしました)

と、触ってみたら面白かった。その実験の結果を報告します。実験といってもまったく大したことじゃないですが。久しぶりに熱中したので。いいじゃない、それくらい。

なんかARとか以前にこれ が映ってなかった?それともこっち かなあ…気になるなあ…あれ?あ、なんだか欲しくなってきたよ!そこで、アマゾンです!(新しい形(*)のアフェリエイトを模索しています、よろしくお願いします)

目の前の現実の印刷しただけのマーカーには映ってないモノがディスプレイには確かに映ってる、その不思議。

これがディスプレイじゃなく鏡だったら、オバケや吸血鬼のような…に思うに違いない、リアルタイムにすべてが行われているので、そういうのに触れた気分がしました。CGは触れられないがゆえに自由なのだ、これこそCGなのだ、ということなのかもしれない。動かしたい、いけるんだろうか。。。

しかし…モデリングを改めてしなおしたい、っておもった。その前にパソコンがふるすぎるなあ…やっぱりアフェリエイトでもうけないとだわー

(*)新しくない。

|

« 今日のキヌタ公園 | Main | 骨 »

メモ」カテゴリの記事

Comments

うわー面白いですね
CGってすごいな。

机の上のカオスっぷりに愕然としました。
昔かったLWの教本に
「CGでカオス(ケイオス)を表現するには」
という項目があったのを思い出しました。
カオスを体言するってこういう事だったのですね。

Posted by: ガク | 11/21/2008 12:37

動画でみるより、実際やってみるとまた違う感じですよ、ただそこにないものがある、っていう。

机の上に関してはおっしゃるとおりです、これもまた拡張現実としてみてくだされば…っていうか、ちょっとはどうだろうなあ…と思っていましたけどやっぱりちょっと散らかっているなあ、と思いました、それを恥ずかしげもなく公開する、ワタクシ。
それだけ興奮してるって言う証左です!

Posted by: エンドウジ | 11/22/2008 11:04

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 拡張現実(AR)をしてみた。:

« 今日のキヌタ公園 | Main | 骨 »