« 2013年5月12日 | Main | 2013年6月9日 »

05/26/2013

2013年5月26日

福島へ行ってきた。

土曜日の朝にこっちをでて、夕方前に妻の実家のある福島へ到着。そして日曜日の夕方前に僕だけ福島を出て、夜遅くに家へ到着した次第。

歩くのが不自由になっていた曾祖母が今年の頭に病気をしてゴールデンウィークにお見舞いに行ければと思っていたのがずれてしまって5月末。会ってみると元気そうではあったものの、引っ越す際の挨拶などは電話やスカイプのみでお墓参りも出来てなかったし、子供の顔を直接見てもらいたいと思っていたことが心残りでそれが出来るのは嬉しい。実際に会ってみて良かった、スカイプを通して見る顔よりも実物のほうが良い。

道中、妻はガイガーカウンターで計測しながらそれを書き留めていてその横で時折みていたのだけど、宇都宮を過ぎた辺りからちょっとづつではあるものの段々と数値が上がっていくのを見て薄ら寒くなった。風景はうちの近所と大差なく新緑が気持ちいいのに、見えない怖さとして身近にも感じる。機械のほうがおかしいんじゃないのかなどとも思うけど、きっとそうじゃない、ハズ…という歯切れの悪さがどうにも居心地よくない。最近はあまり意識してなかったので気が緩んでいたのか、いやもう忘れてすらいた、という気分になって 直ちに影響がない という文言を思い出す。本当にどういう意味なんだろう…コレだけをとり出していることに意味は無いんだけど、どうにも引っかかる。外で遊んでいる子どもたちも少なからずいてウチの子供も外に出たりもしたんだけど不思議な感じがした。地面の石で遊ぶとちょっとひやりとした、そんなに気にする必要もないとは思うのだけども。

福島の実家の中は放射線もそう高くなく安心した。幼稚園だったり駅前だったりに太陽光発電で電気を得ているであろうカプセル状の構造物があって数値が表示されていたんだけどそれはその時のその場所の放射線の数値だった。スーパーでは売っている野菜にはこっちよりも詳しく産地の表示がされてたりした。短い滞在だったけど、それ以外は変わらないように思えた。
行きの電車も帰りの電車も車内の人達も。

関東を抜け東北への移動は程々に遠いものだと体感して義父母がこの距離を移動するのは骨が折れるというレベルではないのだろうな、などと思う、ましてや日帰りなどできるわけがない。同じ日本でもずいぶん遠いのだな、ということとそんなに遠いと思っても一日で行けちゃうんだなと思った。

|

« 2013年5月12日 | Main | 2013年6月9日 »

日記」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2013年5月26日:

« 2013年5月12日 | Main | 2013年6月9日 »